岡山県でスキューバダイビングを始めるならインナースペースダイビングスクール。県内で唯一、水深5mのダイビング専用温水プールを完備!

SSIのプロコースでは2つの選択ができます。ひとつは、あなた自身でダイバーを育成したり教えてみたい!水中のダイブガイドをしてみたい!
と言った、いわゆる仕事を目的として資格取得を目指す人。
もうひとつは、プロレベルの知識やダイビングスキルを習得して、ダイビングを本格的に楽しんで行きたい!という人。

SSIのダイブリーダートレーニングなら、どちらのニーズにも対応できます。実際インナースペースには、そう言う2通りのお客様が何人もいます。

ダイブガイドに認定後は、認定ダイバーを水中でガイドすることができます。

更にスノーケリングインストラクタープログラムに合格すれば、スノーケリングを教え、認定証を発行できます。

ダイブガイドに認定後、ダイビングサイエンススペシャルティプログラムを修了すると、ダイブマスターです。

ダイブマスターは、トライスクーバ(プールのみ)を実施でき、SSIインストラクターの直接監督下で、プール/限定水域および海洋でアシストができます。

ダイブコントロールスペシャリストに認定後は、SSIインストラクターの間接監督下で、オープンウォーターダイバーコースの学科講習とプール実習(緊急スキルは除く)を教えられ、海洋でSSIインストラクターをアシストでき、スクーバスキルズアップデートプログラムなども行うことができます。

高度なテクニックを身につけ、他のダイバーもリードできるダイバーになりたい方や、将来インストラクターを目指す方に最適です。

ダイビングの業界で仕事がしたいかたはもちろん、仕事を持ちながら非常勤として週末などにダイバーを育てる活動がしたいかたはインストラクター資格の取得を目指しましょう。

オープンウォーターインストラクター(OWI)になる為には、このインストラクタートレーニングコース(ITC)への参加が必要です。ダイビングの教え方はもちろん、ビジネスとしての捉え方、顧客管理なども学んでいきます。


上記のITC終了後は、インストラクターエヴァリュエイション(IE)を受けられる資格が得られます。


DCSがITCを完了し、IEに合格すると、オープンウォーターインストラクター(OWI)になれます。

OWIになると、オープンウォーターダイバー、スクーバスキルズアップデート、ストレス&レスキューなどを教え、認定することができます。また、体験ダイビングも行えます。


※各コースへご参加するにあたり、参加条件が有ります。コースの内容など、詳しくはスタッフまでお尋ねください。


Copyright(C) 2016 Inner Space.All Rights Reserved. プライバシーポリシー このページのトップへ↑